暑さ、紫外線対策商品の製造・販売|(株)丸福繊維

子供のためにできる紫外線対策

近年、子供の光線過敏症(日光アレルギー、紫外線アレルギーともいいます)が増加し、小さいころから紫外線対策をする子供が増えています。特に、顔は跡が残ってしまうと大変なので、しっかりケアしてアレルギー症状を出さない工夫が必要です。

子供の紫外線対策、どうしたらよいかお悩みではありませんか。

今回は、子供の光線過敏症に悩み、対策方法を検討する場合に参考していただきたい、子供の顔に対しての、紫外線対策方法についてお伝えしていきます。

子供のお肌【特に顔】はなるべく負担のない紫外線対策が必要

しっかり選んで日焼け止めを使用する

子どものお肌は敏感です。そして、光線過敏症のある子供の肌は、さらに敏感で繊細です。子供に日焼け止めを塗るのは、基本的に健康なお肌の場合が前提です。

紫外線対策のために塗る日焼け止めが原因で、光線過敏症を発症する場合もあるほどです。

よく赤ちゃんBaby用の日焼け止めが売っていますが、商品に「赤ちゃん用」と表示することは、あくまでもメーカーの判断なので、赤ちゃん用と書いてあっても、お肌に負担が少ない日焼け止だけではありません。

成分表示をきちんと確認してから購入しましょう。

光線過敏症の子供には植物性やオーガニックの日焼け止めが安心という訳でもありません。

植物が刺激になることも、アレルギーを持つ子供は多々あります。

日焼け止めを選ぶ場合は、書いてあることにとらわれず、自分の子供にとって刺激が少なくお肌に合うものを見つけてください。そして、SPF値よりも数時間おきの小まめな塗り直しを心掛けて下さい。

顔に負担のない紫外線対策

お肌になるべく負担をかけない紫外線対策は、身に着ける紫外線対策がおすすめです。紫外線対策グッズで日光を遮り、お肌に負担をかけることなく紫外線をカットすることができます。

子供の顔は、帽子やフェイスマスクで紫外線対策をしましょう。

紫外線から子供の顔を守るために必要な条件

UVカット率が高いこと・UVカット効果が変化しないこと

当たり前ですが、UVカット率は高ければ高いほど紫外線をカットします。UVカット率が記載されているものから、紫外線カット率が高いものを選びましょう。

UVカット率が変化しない事も大切です。汗をかく、時間が過ぎことで効果が薄れる、お洗濯をすることでUVカット率が低下してしまわないものが安心です。

子供の敏感な肌に優しい素材

光線過敏症の子供はお肌が敏感なので、アレルギーのあるお肌に負担のない優しい素材のものを選びましょう。

長時間つけても子供の負担にならない事

長時間の外遊びに使用できる、着けていることを忘れるくらい子供が気にならないものが良いです。息苦しくないもの、夏は暑いと感じないような通気性の良い素材のものです。

光線過敏症の子供は【ヤケーヌ】で紫外線対策をしよう

光線過敏症の子供には、ヤケーヌがおすすめです。

顔はアレルギー症状が出てしまうと、気になる場所です。

帽子とヤケーヌでしっかり紫外線をカットしましょう。

ヤケーヌは、上記にあげた【子供の顔を守る為に必要な条件】をすべて満たしている商品です。

UVカット率・UVカット効果

UVカット率が高く・高機能糸を採用していますので、お洗濯してもUVカット効果が持続し変化しません。

着けるだけで簡単に紫外線対策ができるし、日焼け止めのように、数時間おきに塗り直す手間もありません。

お肌に優しい付け心地

ヤケーヌの生地は種類が豊富なので、お肌にあった素材が選べます。肌に接触する部分は、ストレッチテープを使用していますので、顔にフィットし優しい着け心地を追及しています。

子供に合ったものを選べる

子供の好みにもあわせられる、柄も機能も季節に合わせることも可能な、ラインナップをそろえています。

マスクのサイズは、耳ひもの長さを調節することが出来るので、子供用にも大人用にもアレンジできます。

成長過程のお子様に長く使用していただける商品です。

長時間付けていられる快適さを追求

口元に開口部を設けていますので、息苦しさがなく子供も長時間付けていられます。

耳ひも調節機能で耳が痛くなることも防いでくれます。

暑い夏でも吸汗速乾、接触冷感素材の商品があるので、快適に使用できます。

話の分かる年齢ならば子供に相談して決めましょう

紫外線対策の中でも、フェイスマスクを着ける事は、子供からみると夏は特に暑そうに感じて使用することにとまどうかもしれません。

子供とフェイスマスクを使用するメリット、使い心地、見た目が違和感のないマスクタイプのものから試してみる事など、購入する前に子供と相談しながらヤケーヌの使用を検討下さると、スムーズな使用につながるのではないでしょうか

光線過敏症の子供用帽子を選ぶ方法

子供用の帽子でも、紫外線カット率がきちんと記載されているものを選びましょう。

子供は良く動きまわるで、あごひも付きで帽子が飛ばされない事も大事です。

紫外線を防ぐ為につばが広く、360°つばがあるタイプが良いです。

夏は熱中症対策にもなるように、通気性のある素材の物を探しましょう。

光線過敏症の子供と一緒に紫外線対策方法を見つけよう

いかがでしたでしょうか。光線過敏症の子供に、アレルギー症状がでると困る顔の紫外線対策についてのグッズや選び方をご紹介しました。光線過敏症は一度発症すると完治がなかなか難しいと言われています。

子供と一緒に長く光線過敏症と上手に付き合うつもりで、これから成長していく子供に、その都度あった紫外線対策を話し合い、見つけていってください。

▲お問い合わせ