暑さ、紫外線対策商品の製造・販売|(株)丸福繊維

【効果的な熱中症対策】帽子を変えるだけで予防効果は絶大!

近年、猛暑が続き、厳しい暑さに見舞われるようになった日本の夏は、熱中症に関するニュースが多く報じられるようになっています。

今後も地球温暖化傾向が進み、夏になると極端に暑い日が多くなるので、さらに熱中症も増加すると予想されています。

熱中症は、重症化すれば命の危険を伴う症状である為、正しい知識を身につけ、熱中症予防を心掛けることが必要です

今回は、夏に向けて簡単にかぶるだけで効果的な帽子の役割や、頭を守ることの重要性、通気性の大切さについてお伝えしていきます。

熱中症とは

熱中症とは、気温や湿度が高くなり、水分や塩分のバランスが崩れ体温の調節機能が働かなくなることでおこる様々な症状のことを言います。

主な熱中症の症状は、

・めまい
・体のだるさ
・頭痛
・吐き気
・失神
・大量の発汗・
こむら返り

などがあります。熱中症が重症化すると体温が高くなり皮膚にも異常が現れます。意識障害やけいれんを起こし自分で水分補給が出来なくなります。

こうなると大変危険な状態になっているので、すぐに医療機関を受診しなければなりません。熱中症は最悪の場合死に至ることもあります。

熱中症を予防するためには、熱から身体を守る必要があり特に頭を守ることが大切です。

体温調節機能は「脳」がカギなのです!

熱中症対策には、夏の暑さに負けない体力づくりや、暑さを避けこまめに休憩をとること、水分塩分補給をすることも大事です。

しかし、熱中症対策において重要なポイントは、「体温調節機能を保ちつかさどる脳の温度を正常に保つこと」なのです。

脳の温度を正常に保つと体温調節がうまくいくので、汗を抑えることもでき、水分を保ち塩分とのバランスもとれ、熱中症のリスクを下げることができます。

選択的脳冷却(SBC)

脳細胞は高温に弱いため、動物には体温が上がった時、大切な脳を保護するシステムとして脳だけを独立して冷却する機能が備わっています。これを「選択的脳冷却」と呼びます。

人間が「選択的脳冷却」システムを有効に発生させるためには、頭の静脈血が頭部の汗を上手に蒸発させることにより十分冷却される必要があります。

つまり、頭にかいた汗をしっかり蒸発させないと「選択的脳冷却」のシステムがうまく作動してくれないということになります。

熱中症を防ぐ!人間には「皮膚血流作用」「発汗作用」があり効率よく冷却する機能が備わっている

人間の身体には、自然に体温調節を行う機能が備わっています。

例えば、夏の暑さにさらされた時、体温が上昇することを防ぐために、人間は熱を体外に逃がそうとします。

皮膚の血流作用により、体熱が体内から血液によって皮膚に移行し、皮膚表面から熱を体外に放熱させ調節する仕組みになっています。

頭皮や顔面で冷えた血液は脳にある静脈洞に流れ脳内の温度を下げるといわれています。

皮膚の血流作用だけで熱を逃がすことが出来なくなると、発汗作用がはじまり、汗をかくことによって蒸発するときにその気化熱により体外に熱を放熱します。

通気性の良い&つばが広い帽子が熱中症対策には必要です!

熱中症対策にかかせない頭を守ってくれる帽子

帽子をかぶることによって頭を直射日光から防ぎます。日本人の黒髪は特に熱を吸収してしまうので、直射日光を防ぐだけで5~10℃前後頭の温度の上昇を防ぐといわれています。

 

帽子を変えるだけで熱中症対策になる

夏の炎天下、スポーツ観戦時に帽子(野球帽)をかぶっていたのに熱中症で倒れてしまい、つばの広い麦わら帽子をかぶるようになってからは熱中症になったことがない。

このような話があるように、通気性の良い帽子に変えるだけで熱中症のリスクが軽減されます。

大量に汗をかいてしまったときは、帽子を脱いで一度風を通すだけでかなり熱中症対策には有効です。

 

通気性の良い帽子

頭部の熱や汗が蒸発しないまま防止に熱がこもってしまうと、選択的脳冷却も有効に働くことが出来ません。通気性が悪い帽子は、逆に熱中症のリスクが上がってしまう場合もありますので注意が必要です。

帽子は、通気性の良い素材を選びましょう。メッシュになっているものや麻、麦わら帽子、などがおすすめです。通気性に特化した素材も多く開発されています。

 

つばが広い&ネックガード付きの帽子

また、首を冷やすことは頭部へ流れる血流を冷やすことになるので、首の部分まで直射日光を遮る為につばの広い帽子を選びましょう。

首部分に日除けがついているネックガード付きの帽子をかぶることもおすすめです。

 

「熱中症対策」夏に向け通気性を優先して帽子を選びましょう!

熱中症対策として脳の温度を正常に保つため、頭を熱から守ってくれる帽子の重要性をお伝えいたしましたがいかがでしたでしょうか。

帽子は熱中症対策に有効ですが「発汗作用」や「選択的脳冷却」を阻害するような帽子では十分な熱中症対策にはなりません。

これからの季節に欠かせないアイテムとして、通気性を最重視して、つば付き、ネックガード付きの帽子を上手に利用して暑い夏を乗り切りましょう!

▲お問い合わせ