暑さ、紫外線対策商品の製造・販売|(株)丸福繊維

子供を紫外線アレルギーから守るためにできること|丸福繊維

子供は、未成熟なため紫外線を防御する力が弱く、大人と同じ紫外線量でも子供の方がより日焼けをしてしまいます。

しかし、日常的な紫外線量で炎症を起こし、水泡が出来てしまう場合、お子さんは紫外線アレルギーかもしれません。

子供が紫外線アレルギーになってしまったら、外出するのも大変になりますよね。アレルギーを抑えるためには外出を控えることが一番ですが、学校に通っていれば体育もありますし、外に出る機会も多いと思います。

ですから、紫外線対策をきちんと学び、子供にも理解してもらう必要があります。

今回は、紫外線アレルギーの症状やケアの仕方、外出しても症状がでないようなしっかりとした紫外線対策をご紹介していきます。

紫外線アレルギーの怖さ

紫外線アレルギーの原因

紫外線アレルギーの原因は、はっきり特定できない場合もありますが、大きく外因性と内因性のものに分けられます。

【外因性の原因】
日焼け止め、抗生剤、湿布などの刺激が、紫外線を浴びることによって反応し、アレルギーの症状が出てしまう事などです

【内因性の原因】
もともとの免疫、代謝障害、アレルギー体質が起因し紫外線の抗体が限界を超えアレルギー反応が出てしまう事などです。

主な紫外線アレルギーの症状

【皮膚の症状】
日常的な紫外線量を浴びた後に皮膚が「赤くなる」「発疹」「水ぶくれ」「乾燥」「かゆみ」などの症状が出ます。

【目の症状】
また、紫外線アレルギーの症状は皮膚だけではありません。目にも症状が出てしまう場合もあります。「目が腫れる」「充血する」「かゆみ」「痛み」「涙が止まらなくなる」「目の周りに水疱ができる」などの症状が出ます。
目の病気「白内障」は紫外線の影響が大きいとされていますが、紫外線アレルギーの方はさらに白内障になりやすくなると言われていますので、特に注意が必要です。

【身体の不調】
「吐き気」「頭痛」「発熱」などの症状が現れることもあります。

紫外線アレルギーは完治が難しい

紫外線アレルギーは、他のアレルギーと同じように、ある日唐突に発症します。そして、一度発症してしまうと完治することが難しく、子供の症状に合う紫外線対策を見つけ、上手に付き合っていくしかありません。

子供の紫外線アレルギー「対策方法」

まずは自己判断せずに、かかりつけの医師を見つけ指示に従って適切な治療薬を使用しましょう。

子供に症状が出た日の様子をメモしておく、ひどい症状の写真を撮っておくと判断が付きやすくなります。肌が敏感な子供は日焼け止めなどについても相談すると良いと思います。

紫外線アレルギーは紫外線の強い時間帯の外出をできるだけ控えることが大事です。室内でもUVカット効果のあるカーテンやフィルムを使い、窓からの紫外線を防ぎましょう。

子供は先が長いので、重症化しないように症状が出なくても紫外線を最小限におさえる対策を心掛けることが必要になります

特に大変な顔の対策

顔は、常に外気にさらされ紫外線を直接浴びてしまうところですし、症状が出ると目立つところでもあります。紫外線アレルギーの対策方法の基本は「紫外線を浴びないこと」なので、子供の顔を紫外線対策することは、とても難しいです。嫌がらず、続けやすいものを見つけないといけません。

普段紫外線をどのくらい浴びているかなんてわからないですよね。どれくらい紫外線を浴びたら症状が出るかもわからないと思います。まずは、あらゆる紫外線対策を試して子供に合うものを探していきましょう。

顔専用の紫外線対策「ヤケーヌ」がアレルギーにもおすすめ

顔の紫外線対策は「帽子」「日焼け止め」「目を守る紫外線カットメガネ(子供用があります)」などが思い浮かびますが、ぜひUVカットフェイスマスクも検討してみて下さい。

子供はすぐに汗をかくので日焼け止めも流れ落ちてしまいます。

紫外線アレルギーの子供は皮膚も敏感な子が多いです。日焼け止めが合わずかぶることも多いようですが、日光による湿疹なのか日焼け止めによる湿疹か見分けがつきにくく悪化させてしまう場合もあります。

そんな時、ヤケーヌでしたら子供の顔の紫外線対策として、肌に優しくしっかり紫外線を防ぐことが出来ます。

ヤケーヌの詳細はこちらhttps://marufuku.ne.jp/yakenu_lp

子供の紫外線対策におすすめ!ヤケーヌの特徴

【安心の日本製の生地を使用!】
ヤケーヌはUVカット効果や遮熱性にこだわり、安心の日本製生地を使用しています。

【肌ざわりが良い】
ヤケーヌは肌に当たる部分があるため、付け心地や肌触りを追求した製品つくりを心掛けています。種類も豊富なので、お肌が敏感な紫外線アレルギーの子供にも付け心地などを考えて選びご利用いただけます。

【耳ヒモで子供の顔にもフィット】
耳ヒモが調節できるので、子供も耳が痛くなりにくく、軽い付け心地なのにフィット感が良くなっています。

【長時間付けられる快適さ】
息苦しさを軽減する口元の空いた構造の為、長時間の利用も苦痛になりません。子供はおしゃべりをたくさんすると思いますが、声もあまりこもらず話すことができます。飲み物もそのまま飲むことが可能ですし、メガネもくもることもなく快適にご使用いただけます。

ヤケーヌの詳細はこちらhttps://marufuku.ne.jp/yakenu_lp

紫外線アレルギー対策は外遊びしたい子供の気持ちを考えて選ぶ

いかがでしたでしょうか。

子供が紫外線アレルギーになってしまったら、体質改善を意識した生活を心掛け、紫外線を浴びない対策をすることが大事です。

ですが、子供には外出を控える紫外線対策ではなく、外で遊びたい子供の気持ちに寄り添うような、紫外線グッズを上手に取り入れた紫外線対策を大人が一緒に考えてあげましょう。

今回ご紹介した紫外線対策グッズ、対策方法をぜひ参考になさってくださいね。

 

▲お問い合わせ