暑さ、紫外線対策商品の製造・販売|(株)丸福繊維

登山には重要かつ快適なアイテム

標高の高い場所では、紫外線が強くなることが知られています。

実際には、標高が1000m高くなれば、紫外線量は10%増えるといわれていますので、特に、登山やスキー・スノーボードをされる方には紫外線対策を十分にしていただくようお願いしています。

最近では、スキー・スノーボードでのマスク着用は珍しくなくなっており、ファッションの一部にもなっていますが、登山では日焼け予防など考えられない、と仰る方もまだまだ多くいらっしゃいます。

実際に登山家の方や山林作業をされる方におすすめしたところ、「ヤケーヌ」をつけていると、日焼け予防のみならず、藪の小枝などが顔に当って怪我をしたり、草木に触れてかぶれてしまったり、顔面を虫に刺されたりするリスクも減らすことができ、思ったより快適で便利だった、と好評でした。

特に登山では、ハードなルートでもサングラスが曇りにくく、さらに、「ヤケーヌフィット」なら、垂れ下がって下方視野を妨げないようフィット感のあるデザインに工夫してあるので安心です。

 

危険な岩場などでは、ヘルメットを安易に脱ぐことはできませんので、ヘルメットや帽子をかぶったまま水分補給ができるというのは、脱水症予防という観点からも大きな利点になると思います。

これらのことを考えると、登山においても、「ヤケーヌ」は快適なアイテムといえるのではないでしょうか。

 

特に、「ヤケーヌフィット」の素材は、汗だくになってもすぐに乾くので、べたついた不快もありません。

また、雨で濡れたりした時の予備をザックに入れておくにしても、「ヤケーヌフィット」は従来品よりかなりコンパクトになっていますので、パッキングで悩むこともありません。

▲お問い合わせ