暑さ、紫外線対策商品の製造・販売|(株)丸福繊維

【重要】秋こそ紫外線対策をしたほうが良い理由

 

日増しに秋の深まりを感じる季節になってきましたね。暑さもひと段落しましたが、UVケアも一息ついてしまってはいませんか?

 

実は、秋こそUVケアをしたほうが良い季節なのです。夏ほど日差しは強くなくても、紫外線はしっかり降り注いでいます。

 

また、秋は行楽シーズンなので長時間屋外にいれば、やはり紫外線によるダメージを受けてしまいます。

 

今回は、秋こそしっかりと紫外線対策をしたほうが良い理由や、涼しくなってきた季節に気軽にできるUVケアについてご紹介していきます。

 

夏と秋の紫外線の違いはなに?

紫外線の量

秋の紫外線量は夏に比べると68割に減少します。

紫外線B波(UVB)は、冬までに5分の1まで減るのに対し、紫外線A波(UVA)は変動量が少なく、年間を通してのUVケアが必要になってきます。

 

紫外線A波【UVA

地表に届く紫外線のうち95%を占めています。赤み、炎症が起きにくいので気づきにくいのですが、波長が長く、雲や窓ガラスも通過して肌の奥の真皮層まで届くと考えられています。老化を引き起こし、シミ、シワ、たるみの原因になります。

 

紫外線B波【UVB

地表に届く紫外線の5%にあたります。お肌の表面で吸収されエネルギーが強いので日焼け(赤くなる)や、そばかす、皮膚がんの原因にもなります。

 

このように、秋は夏に比べるとUVBは減少するので、お肌が赤くなる、日焼けして黒くなることは少なくなりますが、変動量が少ないUVAは、紫外線対策をおこたると真皮まで届き、お肌を老化させる原因になります。

秋の紫外線はダイレクトに顔にあたる

秋は夏よりも太陽の位置が傾いています。このため、斜めからの日差しが顔や首全体にあたります。

紫外線量は減るといっても、夏よりお顔への肌ダメージが増えてしまいかねません。

秋は、斜めからダイレクトにあたる紫外線を避けるUVケアが必要になります。

 

油断しがちな秋だからこそ紫外線対策が必要

秋になると日差しが和らぐので、日傘をさしている方や帽子をかぶっている方をみかけなくなります。

 

ギラギラした日差しや暑さが収まっても、紫外線はなくなったわけではありませんが、ついつい夏に比べると紫外線対策を疎かにしてしまっているのではないでしょうか。

しかし、油断しがちな秋こそ紫外線対策が必要です。

秋の紫外線ダメージはお肌の敵です!

秋のお肌の状態は、夏の冷房、汗、紫外線でうけたお肌のダメージをひきずっています。

 

秋になり紫外線量が減ってくると、日焼けした肌も元の色に戻るように、濃くなってしまったシミも通常、落ち着いてきます。

 

しかし、夏のダメージ肌が回復しないうちに秋の紫外線をあびると、ダメージは増し、お肌の回復力は衰え、シミが濃いままなんてこともあり得ます。

秋の紫外線対策は、美白にもつながっています。油断してシミを定着させないように気を付けましょう。

 

他にも秋に注意するべき事は、お肌の乾燥対策です。秋は湿度や気温が低くなりお肌が乾燥しはじめる季節、紫外線を浴びるとお肌の乾燥がより進んでしまいます。秋は紫外線対策にくわえて、乾燥対策としてお肌の保湿も心掛けましょう。

 

涼しい秋だからこそ手軽にはじめられる紫外線対策

秋に使いたい日焼け止めはこれ!

日焼け止めはUVケアに欠かせないアイテムのひとつですが、お肌の乾燥が進む秋には、保湿効果のある日焼け止めや敏感肌用、お子様用のノンケミカルの日焼け止めが良いと思います。

 

肌への負担が少なく乾燥もしづらくなっています。夏に日焼けしてしまったという方には美白効果のある日焼け止めもおすすめです。

 

日焼け止めはSPF値よりも小まめに塗り直すこと、適量をきちんとムラなくお肌にのせることが紫外線対策の基本です。

 

斜めから入る秋の日差しは要注意!目の紫外線対策にUVカットメガネ

目から入る紫外線はメラニン色素を生み出し、目だけではなくお肌のシミのもとになります。

また、目に紫外線が入ると白内障を発症するリスクも高まるといわれています。

 

秋は日差しが斜めからきますので、目に直射日光が入らないよう夏以上に目の紫外線対策を心掛けて下さい。

 

UVカット効果のあるメガネは紫外線カット率の記載があるものを選びましょう。UVカット率が高いものがおすすめです。

 

UVカットマスク!秋の紫外線対策に有効です

ダイレクトに顔に当たる秋の紫外線は要注意!影響も大きいです。斜めから入る日差しを浴びてしまわないように、お顔はUVカットマスクで守りましょう。紫外線をしっかりガードできるので、美白に気を付けている方は特におすすめです。

 

涼しくなる秋は「暑そう・息苦しそう」と敬遠していた方も、UVカットマスクを試していただく良い機会になるのではないでしょうか。着け心地が良く、UVカット率の高いマスクを選びましょう。

 

身に着けるUVアイテムは冷え対策にも!

秋は夕方になると突然冷えてきます。カーディガンやストールといった身に着けるUVカット効果のある洋服は、紫外線対策だけでなく寒さ対策のアイテムにもなるので、とても役に立ちます。

 

UV効果のある衣類は、自然にファッションに取り入れやすく秋のUVケアに最適です。現在は、夏以外にも1年を通して手軽に購入できるようになっていますので便利ですね。

秋の紫外線対策も万全に!

いかがでしたでしょうか?秋は斜めからダイレクトにあたる日差しに注意しましょう。紫外線量は少なくなっても長時間浴びてしまえばお肌への影響は大きくなります。

 

秋も油断せず夏と変わらないUVケアを心掛けましょう。季節を問わず、毎日コツコツと紫外線対策することが美肌・美白への近道です。

▲お問い合わせ