暑さ、紫外線対策商品の製造・販売|(株)丸福繊維

秋の紫外線対策していますか?その油断がシミ・しわを作ります。

10月も下旬ともなると、肌で感じる風で秋の深まりを実感するようになります。

夏の残暑も終わり、過ごしやすくなった気候に「食欲」や「運動・スポーツ」に目覚めた方も多いのではないでしょうか。

そんな季節の変わり目に油断して体のケアを放置していると、肌へのダメージが蓄積してあとあと後悔する事になるので注意をしましょう。

 

秋は紫外線には要注意!

よく言われることですが、秋になったからと言って紫外線がなくなるわけではありません。真夏に比べて6~8割程度の紫外線量は降り注いでいるのです。

 

ここで1つ計算問題です。

 

“真夏”に外で5時間立っているのと、
“紫外線量が半分になった秋”に10時間外で立っていた場合
どちらが紫外線がたくさん蓄積するでしょうか?

 

正解は・・・

 

秋の方が紫外線の蓄積量が多くなると言われています。

 

ポイントはココ!

 

「日焼け対策をしてるかどうかです!」

 

真夏は日差しが強いので日焼け止めを塗って、ツバ広の帽子をかぶる人が多いでしょう。

 

日差しが半分になった秋はというと、日焼け止めを塗っている人はきっと少ないですよね?

 

つまり、日焼け対策をしていない分、秋の方が紫外線が蓄積しているということになります。

 

加えて、太陽が低くなって西日がきつくなる秋は、夏に比べて日光が顔へのあたる時間が確実に多くなります。そういう意味では顔へのケアは夏以上に重要といえるかもしれません。

 

これからの季節は乾燥対策と十分な回復を!

湿度が低くなり乾燥が気になり始める秋、肌に紫外線を受けると乾燥をしやすくなります。

乾燥した肌をそのまま放置しておくと、しわになってしまうこともあります。

また秋は、夏の太陽光にさらされてダメージを受けた肌が回復を計る季節で、一般的に肌の組織の再生回復(新陳代謝)には通常1か月ほどかかると言われております。

 

この時期の紫外線や乾燥対策としての日焼け止めや保湿クリームなどのスキンケアを怠ると、より長く回復時間が必要になり、この時間が長くなるとシミの原因となるメラニンが肌に残ってしまうという悪循環になってしまいます。

 

せっかく過酷な夏を乗り越えたのに、「この季節に油断したためにシミができた!」なんてイヤですよね?

 

そのためにもできる限りの対処はしておきたいものです。

 

肌の回復を妨げる外的要因は?

・紫外線
・肌の乾燥
・睡眠不足
・ストレス などがあります。

今の季節にできる、これらの対策としてはっきりスキンケアをしっかりと施したうえで、言えることは、

 

1.おいしいものを食べて、スポーツの秋を満喫する。

 

2.夜はスキンケアをしっかり施してぐっすり眠る。

 

意外と簡単かもしれませんね。

▲お問い合わせ